『ボトルネック』を読んだ感想

米澤穂信作の『ボトルネック』を読みました。本の紹介欄に「青春小説の金字塔」なんて書かれていたため、爽やかなミステリー小説と思って読んだのですが、読了するとそれは良い意味でも悪い意味でも見事に裏切られた気持ちになりました。 主人公は高校1年生の男の子です。不慮の事故により... Read More

カフカ

「変身」は主人公であるザムザがある朝目覚めると虫になってしまうお話です。 社会的関係、家族関係から排斥され、孤独に死んでゆく物語であります。 ザムザは1世帯を養うため営業マンとして働いていましたが、ある朝虫になっている自分に気がつきます。この状況を他人に知ってもらおうと... Read More