東野圭吾さんの「容疑者Xの献身」の感想

 東野圭吾さんの小説「容疑者Xの献身」の感想を書きたいと思います。本書のあらすじは、元夫を殺してしまった女性を助けるため、その隣に住む数学教師が犯罪の隠蔽工作を行う、というところからスタートします。本書が本格ミステリと呼べるかどうかはさておき、私はこの小説を「ミステリも... Read More

岡本綺堂の「玉藻の前」を読んで。

岡本綺堂の玉藻の前を読みました。 玉藻の前はかの有名な九尾の狐という妖怪のお話です。 有名なところでは中国・殷王朝の毒婦・妲己が九尾の狐ということになっていたり、日本では那須塩原にある殺生石がなれの果て、ということになっています。 古今東西、様々な形で物語化されているこ... Read More