「病院坂の首縊りの家」横溝正史

こちちらも私立探偵・金田一耕助が登場する推理小説のひとつです。 金田一ものの作品中、最晩年に書かれたものであり、この事件を最後に金田一は日本を去ります。 また大変な長編で、物語は事件が迷宮入りする前半部分と、20年後に新たな連続殺人が起きる後半に分かれています。 事件は... Read More