「川端康成と伊藤初代 初恋の真実を追って」からみる川端文学とその時代

 川端康成の長い生涯にずっと影を落とし続けた伊藤初代との若き日の失恋体験。婚約まで進んでいた二人の約束が初代本人によって反故にされたその裏の事情は、川端本人にさえも不可解のままだった――ここにこの著作は切り込んでいきます。  この一冊に収録されている二人の間に交わされた... Read More