「君たちはどう生きるか」をしっかりと読んでみました。

「ヒューマニズムに根差した良い本は、時代を超えて人々の心をつかむのです」というジャーナリストの池上彰さんの言葉を最初に目にして、読み終わってからもう一度目にすると少し感じが変わっていました。
私が、最近読んだのは、1937年に出版されて以来、数多くの人に読み継がれてきた吉野源三郎さんの名作「君たちはどう生きるか」です。主人公コペル君の目を通して、貧困、いじめ、勇気、学問┅が取り上げられてゆきます。
今も昔も変わらないテーマに、人間としてどう向き合うべきかということを思い切り、考えさせられました。読む人ごとで、人生の色合いは小トンりますが、それぞれでの勇気、いじめ、貧困、格差、教養、、、に関わる局面があり、それに対して真摯に取り組まなければならないという気持ちにさせられる書物でもあります。

今回、発行されたのは、名著「君たちはどう生きるか」を現代仮名遣いで読みやすくした新装版であり、同時に「漫画 君たちはどう生きるか」には、羽賀翔一氏の挿絵も入り、より分かりやすくなっています。
主人公のコペル君が学校生活での疑問・不安・葛藤を叔父さんとの会話や文通を通して学んでいく形なので、わかりやすいです。
今、忘れられつつある「人間として生きる上で大切なこと」といった道徳的な気づきがわかりやすく書かれているので、若い世代が読むべき書物であるともいえるでしょう。