赤本は買取りできなかった

古本屋は買いに行くだけでなく、売りに行くという使い方もできます。古本屋での買取は、お店側の言い値の金額になるため「売りたたかれていないか?」「他のお店ではもっと高く買い取ってもらえるのではないか?」なんて考えてしまいますよね。その点、全国に店舗のある大手古本屋だと信頼もできると思います。私が引越しに伴って出た古本を買取してもらったのは古本屋のパイオニア(私的認識)、ブックオフです。全国のどの街にも店舗がありとても助かります。利用したのはBOOKOFF SUPER BAZAAR Luz湘南辻堂店です。JR東海道線辻堂駅を降りて今話題のテラスモールとは道路を挟んで反対側にあります。買取を希望したのは、1990年代前半に一大ブームを起こした少女漫画全12巻です。買値は1冊あたりおよそ30円ほどだったと思います。全巻揃っての買取だったため、もう少し高値が付くかと思っていたので残念な思いをしました。古本の保管状態なども考慮されてなのでしょうが、正直わざわざ電車賃を払ってくるほどの価格にはなりませんでした。同時に持ち込んだのは、大学入試勉強に使われる赤本でした。赤本は大学の過去の入試問題などの想定問題集ですが、書き込みは一切していませんでした。しかし店員さんは「こちらは買取できません」と言われてしまいました。参考書などは、本扱いではないんですね。ちなみに古本屋を買取で利用したのははじめてだったため、古本買取の相場や、買取ができない本など、色々と勉強になりました。

http://高価古本買取.com/

このサイトには知らなかった古本買取のお店がいろいろ載っていました。

買取対象外の古本の種類などもお店のHPで確認できるので勉強になります。

お店によって買取できるかどうかは違うんですね。