「病院坂の首縊りの家」横溝正史

こちちらも私立探偵・金田一耕助が登場する推理小説のひとつです。
金田一ものの作品中、最晩年に書かれたものであり、この事件を最後に金田一は日本を去ります。
また大変な長編で、物語は事件が迷宮入りする前半部分と、20年後に新たな連続殺人が起きる後半に分かれています。
事件は、過去に女性が首つり自殺したと言われる病院坂の家から始まります。
そこで奇妙な結婚写真の撮影の依頼を行った男が、翌日に同じ家で首だけが天井からつるされた状態で発見されます。
風鈴のように吊るされた首だけの死体、この家を所有している大病院にまつわる過去、結婚写真に写る二人と病院との関係など、物語は数多く登場する登場人物が抱える過去が交錯しながら展開していきます。
「病院坂の首縊りの家」は、金田一耕助ものの推理小説の中でも、もっとも事件の複雑さの高い作品だと思います。
一度迷宮入りした事件と、20年後に新たに起きた首吊りが起きる家の殺人事件、このふたつが終盤になって一気に真相が分かりますが、ふたつの推理小説がひとつの謎解きで解決するというプロットは大変珍しいのではないでしょうか。
また、この小説は映画にもなっていますが、映画と小説は人間関係の相関図などが違っていますので、映画を観た人でも楽しめると思います。