プラスマイナスゼロは青春ミステリーの傑作

プラスマイナスゼロという青春ミステリー小説が面白かったです。連作短編集であり、メインの三人娘のキャラがかなり立っています。不運に愛されすぎているお嬢様テンコと不良だけど人情味のあるユーリ、そして歩く全国平均値と呼ばれるミサキの三人が主役です。

プラスマイナスゼロと称されるようにそれぞれ性格はバラバラです。それでも妙に馬が合うからいつも一緒にいる、行く先々で起こる事件を推理しながら友情を育み合う様子がほのぼのとしていていいんですよね。

またミステリー小説ではありますが、探偵ものではないため、読者に真相を委ねるような話もいくつかありました。いわゆるリドルストーリーのように真相が明かされないのです。ほのぼとしているのに、どこか毒のある描写も魅力的です。

短編集だからスラスラと読めるし、キャラクターも可愛いため、推理小説を読みなれていない人でも楽しく読めるのではないかなと思います。

中でも私が好きだったのは出会いの物語と旅行の話です。三人の少女が友達になった経緯は感動的であり、それぞれの良さが出ています。出会いの物語には他の生徒も出てきますが、こいつらがあくどい奴らだったため、三人の少女が一致団結し反撃に赴いたシーンにはスカッとしました。

そして旅行の物語は三人の少女たちの絆の深さがよく分かります。歩く全国平均値のミサキはあまり自分がしたいことを言いませんでした。他の二人はそれを心配していたのですが、実はすでに望みは叶っていたのです。この話はミステリーではありませんでしたが、青春話としては極上のものだと思います。